修復とリフォーム

修復とリフォームは、聞いた感じではなんとなく一緒のような気がすると思います。

ですが、意味は全く違うものでした。まず、修復というのは、傷を「修復する」、「復元する」、「元に戻す」などといった意味をもっていました。ですが、リフォームは、「何かものを作り直す」、「建物を改築する」、「改装する」などといった意味になっています。このように、一緒のようなものだと思っているものも、意味は全く違う意味になっているのです。

住宅建材の傷そのものを取り換えることはせずに技術的に直していくのが修復で、住宅に残っている床などを同じもので取り替えをすることをリフォームです。

最近では、資源ごみの再利用や、リサイクルショップなどがありますが、昔でも今でもなんですが多くの人は、キズがない物、新しい物を使いたいと思っています。 修復というのは、キズを直し、「良い商品をより長い時間利用できるようにする」。そして、その物の良さを知ることで有効に活用することが「修復」だと思います。そして、修復では直せないものなどがあれば助けてくれるものが、「リフォーム」だと思います。

もし、「増築工事をしたい」や「改築工事をしたい」の場合に陥った場合はリフォームをする企業の方々の出番となります。しかしキズが付き、「見栄えが悪いから何とかしたい」「高い費用が掛からないなら傷位は補修したい」などの場合なら修復業者の出番です。

似てるようで似てないけど、この二つがあるから住宅はきれいなままと言っても過言ではないかと思います。