リフォーム関係の資格

リフォーム会社に就職するためや、リフォームに関しての知識が欲しいときに必要な資格というのは多くあります。その資格について紹介していきます。まず代表的なのは、建築士の資格です。この建築士の資格というのは新築だけではなく、リフォームのことも扱える資格で、建築物の設計や工事管理することに必要な資格の一つです。建物の使い道、構造、その建物の大きさによって「二級建築士」、「一級建築士」、「木造建築士」などに分類されています。次に、増改築相談員というのがあります。この資格を持っている人々は、実務経験が10年以上のベテランさんたちが中心的にいます。こちらの資格では、住宅等のリフォームの相談に応じてその話からどのようにしたらいいかという助言をくれます。そのようなことをしてくれると、施主さんなどの人がリフォームについて全くわからない人であっても、わかりやすく教えてくれると思います。なので、初めてリフォームをする方や少し不安な方たちはまず、相談をしてからリフォームをするのもいいかと思います。最後に、福祉儒環境コーディネーターという資格です。こちらの資格は、名前の通り、高齢者の方たちや障害者のための住宅を作るために必要なことを知るための資格です。福祉用具などの使い道や使い方なども知ることができます。高校の時に一度受けたのですが、法律の話や手すりの幅の話、トイレの大きさの話など多くの知識が必要なので難しかったです。

これらの資格以外でも多くあるのですが、これらが有名な資格だと思います。