リフォームの歴史

最近ではリフォームをする人が昔よりも数段増えているといいます。今では、1950年代~1980年代の住宅やマンションなどの建築物というのは、昔よりもだんだん減ってきていて、新築が増えてきています。今もそうなのかもしれませんが、昔の日本人は昔にだれか全く知らない人が住んでいた家には全く住もうという気にはなれなかったみたいです。そのため、すぐに昔住んでいた家を壊して、新しい家を建てる人というのが多かったと聞きます。この地球上にある資源の無駄になっているのにも関わらず、長い間それが続いたそうです。ですが、そこからバブル崩壊が始まり、建て替えや新しく家を買うということをしたくても景気が急激に悪くなっていったので、そのように新しく家を買ったりすることは予算の問題的に難しくなり、ある程度低予算で済むリフォームをする人々が増えてきたというのがリフォームの流行りだしたきっかけになると思います。そのほかにも、少子高齢化が徐々に進んできていることがあったりなどで、高齢者のために階段のところに手すりをつけたり、家の段差をできる限り低くしたり、段差の数を減らしたりするなどのためにリフォームをする方が増えていったのではないかと思います。なので、今現在でも新築は多いのかもしれません。ですが、建て替えや新築を建てるよりもリフォームをする人が急増して、今後これからはだんだん新築を建てたりするよりもリフォームの方が増えていくと思います。