リフォームの番組

最近では建築関係のテレビ番組がたくさんあります。その中でも、建築のリフォームに関する番組というのは少ししかありません。今やっている中で、僕が知っているリフォーム関係の番組は一つしか知らなかったので、その番組について説明していこうと思います。

その番組の名前は「大改造!!劇的ビフォーアフター」という番組です。有名な番組なので知っていると思います。この番組は名前の通り、色々な問題を抱えている住宅の問題を解決するために、リフォームをして、どれだけ使いやすく、きれいにするかを一級建築士の方々が考えて作業をするという番組です。最近は見る時間が無くてみていないのですが、昔はよく見ていました。たとえば、リビングルームの床が歩くたびにギシギシという音が鳴るようになるようになった家がありました。それだけでなく、リビングを出てからキッチンに行くときの道が、デッドスペースが多く狭くて一人通るのが限界という道もあり、その奥にあるトイレに行くときなどに親が料理をしていて通れないという問題がある家で、そんなにも問題があるのにも関わらず一級建築士の人が頭を働かせ、その家の床を元通りにしたり、デッドスペース減らして、キッチンの道を広げて二人通れるようにしたりと次々と解決していました。たまにある問題では、問題を解決する際に問題の部分を解体しているとそこにまた問題が見つかるというケースです。そのような場合でも、的確に指示をしてきっちりと直しているのを見て、テレビを見ているときとても感動していました。リフォームをする際に一級建築士の人たちがどのような仕事をしているのかというのが十分なくらい伝わってきました。