リフォームのメリットとデメリット

新築にもリフォームすることにも、それぞれ「メリット」「デメリット」があります。
まずはそれぞれの「メリット」「デメリット」を出してみます。

まず、新築のメリットは「間取り、設備などで前の家で不満があった場所などがほとんど解決できる」、「目に見えない地盤の問題や家の構造も新しくなるので、地盤沈下しているなどの問題がなくなって不安にならない」、「自分自身の理想の家になるので、キッチンはここにおいてほしい、リビングはキッチンの隣の部屋がいいなどと自由に決めることができる」などのメリットが挙がります。その分デメリットは、「愛着のある建物を解体することが前提となるため、自分たちの前住んでいた家の思い出がリセットされてしまう」、「建築費がリフォームと比べて、ほとんどの場合で高くなることが多いのでお金がかかる」「仮住まい、引越しが必要となるので、その分のお金もかかり、相当負担になる」、「工事期間が長いので、仮住まいの期間が長くなる」などの多くのデメリットが出てきます。多くはお金の問題が多いと思います。

次にリフォームの「メリット」「デメリット」です。

まずメリットは、「愛着のある家を壊さなくてもいいので、思い出がそのまま残って新しい家になる」「新築に比べて、工事期間が短いことが多いので、仮住まいの期間が短くて済む」、「仮住まい、引越しが不要の場合が多いのでその分の費用がかからなくて済む」、「すべてを含めた予算が、新築と比較して安く済むので、お金の心配が新築ほどなく済む」、「予算に合わせて、リフォーム内容を選択できるので、予算に余裕がある人は部屋を少し広くすることもできる」、「内外装とも新築同様になるので、新築にするより予算も少なく思い出も詰まったまま新しくなる」など多くのメリットがありました。その分デメリットもあります。デメリットは「残っている建物の構造によっては、間取りなどが自由にならない場合もあるので、デッドスペースがある場合そのまま残ってしまう」、「基礎や柱などを変えない場合、家の強度がおちて耐震に不安が残ってしまうので地震が起きたとき、危険にさらされるかもしれない」、「構造の補強を含めたリフォームは、新築より価格が高くなる場合がある」などのデメリットがある。

このように、リフォームと新築では大きな違いがあり、その分いいところも多くなっていいます。値段で考えるとやはり、リフォームのほうが安くなると思います。