リフォームとは、居住している住宅の改築をしたり、改装をしたりすることです。

普段はリフォーム(reform)と言われているが、建築関係の方ではリホーム(rehome)と言われていることがあるらしいです。なぜ、リホームと言うのかはわかりませんが、僕は建築について学んだことが少しだけあるので、こういう意味なのではないかなと思うことがあります。それは、リホームと言うのは英語ではrehomeと書きます。そして、その単語のreというのは「繰り返す」や「再生させる」という意味をもっていて、homeというのはそのまま「家」という意味をもっています。だから、この二つの意味が合わさり「家を再生させる」や「家を改築する」という意味になるので、建築関係ではリフォームではなく、リホームと言い換えているのではないかと僕は思います。

リフォームといえば、テレビの番組で劇的ビフォーアフターという番組があります。

その番組では、リビングの通りが狭くて一人が料理しているときに通れないなどのむちゃくちゃな状況になっていることがあっても、家の大きさは変わらないままでリビングの道の広さは人が二人通れるように、デッドスペースを減らしたり、そのスペースを有効利用したりして必ず完璧に改築をしている番組です。このような番組を見ていて、新しく家を建てることよりもリフォームすることはよっぽど難しいことだなと思うようになりました。なぜなら、新しく家を建てることは、まず図面を書いて一つ一つの大きさや配置を考えることができるが、リフォームとなると配置とかが決まっているので場所を変えることもなかなか大変だと思うし、決まったスペースを有効利用するためにどうすればいいか想像して考える力も必要だと思います。だから、リフォームの方が難しいことが多いと思います。

まとめると、リフォームというのは建築関係ではリホームと呼ばれていて、新しく家を建てることよりも難しいことであり、想像力豊かで柔軟な頭の持ち主でないとなかなかできることではないものだと思いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)